Eclipse 3.1.1 の Tomcat プラグイン導入
技術情報 TOP へ

本ページでの使用環境
OS:Windows XP SP 2
Java:JDK 5.0 UPDATE 8
Tomcat:5.0.28 Eclipse:3.1.1
ここでは、JDK 5.0 UPDATE 8 、Tocmat 5.0.28 、Eclipse 3.1.1 がインストールされていることを前提として説明いたします。 これらのインストールについては下記のページを参照ください。

JDK のインストール -Windows 編-

Eclipce 3.1.1 のインストール -Windows 編 -
* ここでは C:\eclipse に Eclipse をインストールした前提とします。

Tomcat 5.0.* 系のインストール -Windows 編 ( exe , zip ファイル ) -
* ここでは exe ファイルを使用して C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.0 に Tomcat をインストールした前提とします。
( zip ファイルを使用してインストールした場合も本ページの手順で設定可能です。 )

* tomcatPluginV31 では JDK 1.4 系が推奨されていますが、ここでは、JDK 5.0 系を使用してみたいと思います。
JDK 1.4 系を使用する場合も手順は本ページと同様です。

( 1 ) Tomcat プラグインのダウンロード

下記のページより tomcatPluginV31.zip をダウンロードします。
・Sysdeo Eclipse Tomcat Launcher plugin
< http://www.sysdeo.com/eclipse/tomcatplugin>

( 2 ) ダウンロードしてきた tomcatPluginV31.zip を解凍します。


tomcatPluginV31.zip を解凍した tomcatPluginV31 フォルダの内容。

( 3 ) プラグインのコピー

解凍した tomcatPluginV31 フォルダに含まれる com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.1.0 フォルダを C:\eclipse\plugins フォルダ内にコピーします。

( 4 ) Eclipse を起動します。

* Eclipse を起動するとファイルメニューに [ Tomcat ] が追加されていることが確認できます。


( 5 ) Tomcat の設定を行います。

[ ファイルメニュー ] - [ ウインドウ ] - [ 設定 ] をクリックします。


下記の設定画面が表示されますので、[ Tomcat ] を選択します。

以下の 3 つの設定を行います。
  • [ Tomcat のバージョン ] を選択します。ここでは、[ バージョン 5.x ] を選択します。
  • [ Tomcat ホーム ] を設定します。ここでは、[ C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.0 ] を設定します。
  • [ コンテキスト宣言モード ] を設定します。ここでは、デフォルトの設定である [ Server.xml ] を選択し、 [ 設定ファイル ][ C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.0\conf\server.xml ] が設定されていることを確認します。

次に使用する JRE の設定を行います。

使用する JRE の設定をデフォルトの「C:\Program Files\Java\jre1.5.0_08」から JDK 内 ( 「 C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_08 」 ) に含まれる JRE に変更します。
設定画面左側のツリーで、[ Java ] - [ インストール済み JRE ] を選択します。

以下の [ インストール済み JRE ] 画面が表示されます。
( デフォルトでは、以下のような「C:\Program Files\Java\jre1.5.0_08」を使用する設定になっています。)

[ 追加 ] ボタンをクリックします。


[ 追加 ] ボタンをクリックすると、以下の [ JRE を追加 ] 画面が表示されますので、 ここでは、以下の値を設定します。
  • [ JRE 名 ] はここでは 「 JDK-jre1.5.0_08 」を入力しました。
  • [ JRE ホームディレクトリ ] はここでは 「 C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_08 」を選択します。


設定後、[ OK ] ボタンをクリックします。
次に [ Tomcat ] - [ JVM の設定 ] を選択し、上記で設定した 「JDK-jre1.5.0_08」(JDK に含まれる JRE ) を選択設定します。

[ JRE ] の選択で [ C:\Program Files\Java\jre1.5.0_08 ] 側の JRE ではなく、 「JDK-jre1.5.0_08」で設定した [ C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_08 ] 側の JRE ( JDK に含まれる JRE ) を選択します。


[ O K ] ボタンをクリックして設定完了です。
( 6 ) Tomcat を起動します。

ファイルメニューの [ Tomcat ] - [ 起動 ] をクリックします。


( 7 ) Tomcat が起動します。


( 8 ) 動作確認を行います。

下記のアドレスにブラウザでアクセスします。
< http://localhost:8080/ >

以下の画面が表示されれば成功です。



技術情報 TOP へ


Google
WWW を検索 whitemark.co.jp を検索
[ 株式会社ホワイトマーク TOP ]   [ 免責事項 ]

Copyright © 2006 by WhiteMark, All rights Reserved. Last Modified: 2006/05